MENU


売却にまつわるQ&A
売却の目的に沿った情報を集める
−売却をして損をしない為に―

★住宅を買換える。
住宅の売却と新住宅の取得とのどちらを先にするのが良いか。
住宅の売却を先にする方が良い。
通常は、時間をかけてその住宅を気に入った買手を探せば、相対的に高く売れます。
宅地を売って事業資金を作る。
売却によって得た譲渡収入に税金は、どれほど課されるか。
一般的には所得税・住民税などが課税されます。
税額は、取得原因・保有期間 利用状況などにより計算されます。
不動産で収入を得たい
不動産は所有してるだけで固定資産も課税されるので、利用してアパート収入を得たい。
アパートを造っても、借りてくれる人がいなければ収入は得られません。
アパート・駐車場・貸店舗・貸事務所なども場所が適していないときは、宅地の買換えを考えてみた方が良いです。
相続税対策
自宅の他に駐車場・空地や銀行預金・株もあるが、自分が他界した時に相続税 がどれ位になるのか知りたい。
まずは、現在の総資産の価格を調べる。土地は税務署の相続税担当者に聞 く。
家屋は市区町村の担当者に聞く。
現時点で相続が開始した事を仮定して、税務署で相続税を計算してもらう。
次に、納税額があるようなら、計画的に毎年、妻(配偶者)と他の相続予定者への贈与をする。
更に、入居者が見込めるなら、土地の上にアパート・マンションを建てる。
空地より相続税評価格は安くなります。 

売却支援
売却に係る疑問、質問など、お気軽にご相談ください。
無料で査定をいたします。
例えば、
★ 売却予定物件の価格を知りたい。
★ 早く売りたい。場合によっては買い取ってもらいたい。
★ 時間をかけても高く売りたい。
★ 近所に知られずに売りたい。
★ 譲渡代金にかかる税金を知りたい・・・・・・等。
ぜひ一度コスモホームにご相談ください

売却の流れ
1 売出しの値段を決める 物件の価格(査定)を出してみる。
2 売りに出す 仲介業者に売却を依頼する。
3 宅地の境界や引き渡し時期を確認する 隣との境界が曖昧なときは明確にしておく。居住している時は転居先を確保しておく。
4 売買契約 買主からの手付金を預り、引き渡し時期などを定めて売買契約をする。
5 引渡し 所有権移転に必要な書類と宅地・建物の引渡しと同時に売却代金を受け取る。



検索

名古屋市情報